大ハン

シュトヘル(漫画)の登場人物。別称、テムジン。西夏とはライバル関係。ユルールとは親族関係にある。

  • 大ハン
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
シュトヘル(漫画)
正式名称
大ハン
別称
テムジン

総合スレッド

大ハン(シュトヘル)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

モンゴルの王。本名はテムジン。周辺部族を征服し、さらなら勢力の拡大を目論んでいる。幼いころに西夏の物を盗みんだ咎で、背中に西夏文字で「西夏の奴隷」と焼き印を押された過去を持つ。そのため、西夏の文字を強く憎み、この世からひとつ残らず消し去らんとしている。モデルはチンギス・ハン。

登場人物・キャラクター

ツォグ族の少年で、ハラバルの弟。名は「祝福」という意味である。表向きはツォグ族族長の息子として育てられていたが、実はモンゴルに奪われた族長の妻玉花が大ハンに孕まされて生まれた子供である。そのため、渦を...

関連キーワード

『シュトヘル』に登場する国。十一世紀、中国北西部にタングート族(チベット系)に建国され、西夏文字をはじめとした独自の文化を築いた。しかし、大ハン率いるモンゴル軍に侵略され、滅亡寸前である。西夏人は自国...

登場作品

13世紀初頭モンゴル。仲間をモンゴル軍の配下ツォグ族に皆殺しにされた女戦士シュトヘルは、仇である「虎の男」ハラバルを探しながらモンゴルの兵を殺して回っていた。ある日、彼女は西夏の文字をひとつ残らず消し...