大リーグボール右一号

大リーグボール右一号

新・巨人の星(漫画)に登場する魔球。読みは「だいりーぐぼーるみぎいちごう」。

登場作品
新・巨人の星(漫画)
正式名称
大リーグボール右一号
ふりがな
だいりーぐぼーるみぎいちごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

バッターとキャッチャー、そして審判にのみ、ボールが3つに見えるという魔球。それ以外の選手や観客からは、平凡なストレートにしか見えない。別名「蜃気楼の魔球」。投球ごとに大変な疲労を伴い、続けて投げることは難しく、3球続けるとその後の登板が困難になるといわれている。

3つの球のうち本物の球には影が生じるので、キャッチャーはその影を見て捕球するのだが、花形や左門にその特性を見破られ、攻略されてしまう。

登場作品

新・巨人の星

長嶋茂雄率いる読売巨人軍が球団初の最下位に低迷していた頃、代打成功率100%を誇る謎の助っ人が、草野球の世界で話題となっていた。その男こそ、かつて巨人軍でエースとして活躍した後、肩を壊して投手を引退し... 関連ページ:新・巨人の星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo