• 巨人の星 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 大リーグボール1号

大リーグボール1号

大リーグボール1号

巨人の星(漫画)に登場する魔球。

登場作品
巨人の星(漫画)
正式名称
大リーグボール1号
ふりがな
だいりーぐぼーるいちごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

バッターの構えているバットに直接ボールを当て、凡打に討ち取る。自分の球質の軽さに悩んでいた星飛雄馬が、伴宙太とともに特訓の末に編み出した。当時、大リーグの専売特許だった変化球の開発を初めて日本人が成し遂げたことから「大リーグボール1号」と名付けられた。極度の集中力を要するため、投球時の疲労が激しいのが難点。

登場作品

巨人の星

巨人軍のエースとして輝くことに命を賭ける星飛雄馬とその父・星一徹の生き様、さらにライバルたちと繰り広げられる激しい闘いの数々を描き、「スポ根」というジャンルを切り開いたとされる熱血野球漫画の傑作。原作... 関連ページ:巨人の星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
巨人の星
logo