• 巨人の星 (テレビアニメ)
  • 作中用語・組織等
  • 大リーグボール2号

大リーグボール2号

大リーグボール2号

巨人の星(テレビアニメ)に登場する魔球。読みは「だいりーぐぼーるにごう」。

登場作品
巨人の星(テレビアニメ)
正式名称
大リーグボール2号
ふりがな
だいりーぐぼーるにごう
関連商品
Amazon 楽天

概要

大リーグボール1号を破られた飛雄馬が新たに産み出した。打者の手前で姿を消し、キャッチャーミット寸前で再び現れることから、「消える魔球」の異名を持つ。その正体は、魔送球の応用で、投球は打者の手前で地面すれすれを飛び、キャッチャーミット手前で浮き上がる軌道を描く。

そして飛雄馬が投球の際に高々と挙げた右足が、マウンドの土を巻き上げ、投球がその土煙や、軌道上の土を吸い込んで保護色となり、打者の視界から消えるという仕組みである。

その原理上、水や風に弱く、水を撒いたりスイングで土を払ったりといった、さまざまな手法により攻略された。

登場作品

巨人の星

父・星一徹により、幼少期より野球の特訓を受けて育った星飛雄馬は、苦難の末に読売ジャイアンツに入団。多くのライバルと切磋琢磨し、ときには一徹から課された非情な試練に立ち向かい、飛雄馬はジャイアンツの象徴... 関連ページ:巨人の星

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
巨人の星
logo