大利根キックボクシング道場

大利根キックボクシング道場

紅の挑戦者(漫画)の登場人物。読みは「おおとねきっくぼくしんぐどうじょう」。

登場作品
紅の挑戦者(漫画)
正式名称
大利根キックボクシング道場
ふりがな
おおとねきっくぼくしんぐどうじょう
関連商品
Amazon 楽天

概要

『紅の挑戦者』の登場人物大利根一鬼が経営するキックボクシング道場。師範は大利根一鬼紅闘志也が入門した頃は、大利根が無断で居座っていた場所に、木製のボロボロの小屋を立てて道場にしていた。すぐそばにはゴミが山積みされている。ここで、は毎日20キロのロードワークと、大利根を相手にスパーリング練習を続ける。

が日本ライト級チャンピオンになると、訓練生が増加。コンクリート製の新道場KICK大利根GYMを立てている。

登場作品

紅の挑戦者

高校サッカー界の期待の星だった紅闘志也は、遠征地のタイでキックボクシングの王者と出会い、彼と戦いたいと願ってサッカーを辞めてしまう。そして、日本で大利根一鬼の指導の下、血みどろになりながら、王者の挑戦... 関連ページ:紅の挑戦者

SHARE
EC
Amazon
logo