大原 大蔵

美味しんぼ(漫画)の登場人物。読みは「おおはら たいぞう」。

  • 大原 大蔵
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
美味しんぼ(漫画)
正式名称
大原 大蔵
ふりがな
おおはら たいぞう

総合スレッド

大原 大蔵(美味しんぼ)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

東西新聞社社主。究極のメニューの提唱者。自分の都合で山岡ゆう子を京都に赴任させようとしたり、炊き込みご飯と混ぜごはんを社員食堂で出すことを禁止したりと、権力を笠に着た横暴な行動が目立つ一方、社員のことを気にかける優しい一面もある。美食倶楽部の会員だったが、山岡との和解を雄山に勧めたせいで不興を買い、退会させられた。

登場人物・キャラクター

東西新聞社文化部記者。仕事を抜けだして競馬に行くなど、勤務態度は極めて悪く、社内では煙たがられている。食に関しての豊富な知識と鋭い味覚をもっていることが判明し、究極のメニュー作りの担当となる。任命され...

関連キーワード

『美味しんぼ』に登場する料亭。海原雄山が主催する。一流の料理人が、世界中のあらゆる材料を使った料理を食べさせる。完全会員制で、常に空き待ちの状態。入会するには厳しい審査、多額の入会金、そして雄山に気に...
『美味しんぼ』に登場する、東西新聞社の企画。後世に文化遺産として残るメニューを作ることを目的として、東西新聞社社主大原大蔵が提唱した。文化部記者の山岡士郎と栗田ゆう子が担当。後に、同じく文化部記者の飛...

登場作品

普段は怠け者だが、食に関して深い造形を持っている東西新聞社社員の山岡士郎は、優れた味覚を持つ新入社員、栗田ゆう子と共に究極のメニュー作りの担当となった。後を追うようにライバル社の帝都新聞社が至高のメニ...