大友皇子

大友皇子

天上の虹(漫画)の登場人物。読みは「おおとものみこ」。

登場作品
天上の虹(漫画)
正式名称
大友皇子
ふりがな
おおとものみこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

中大兄皇子と妃嬪の伊賀宅子娘の間に産まれた男の子で、鵜野讃良皇女の異母弟にあたる。いとこである大海人皇子と額田王の娘である十市皇女と、大海人と尼子娘の息子である高市皇子の3人で幼い頃からいっしょに遊んでいたこともあり、十市皇女に想いを寄せていた。

気が弱いが独占欲が強く、十市と高市が仲が良いことにやきもちを焼き、対向心から高圧的な態度に出ることが多い。十市と結婚したいと父の中大兄皇子に訴え、皇族の娘と結婚しても恥じない地位に就くために勉学に励み、念願叶って十市と結婚した。しかしその結婚は父の権威をかさにきて無理に承諾させたもので、十市の心を手に入れたわけではないことに、生涯悩むことになる。

歴史上の実在の人物、大友皇子(弘文天皇)がモデル。

登場作品

天上の虹

大化の改新を成し遂げた中大兄皇子を父に、その弟の大海人皇子を夫に持ち、自らも天皇の座に就いた女帝、持統天皇こと、鵜野讃良皇女。幼い頃、政権に固執して祖父の命と母の心を奪った冷酷な父、中大兄皇子への憎し... 関連ページ:天上の虹

SHARE
EC
Amazon
logo