大君

大君

あさきゆめみし(漫画)の登場人物。読みは「おおいぎみ」。中の君、光源氏とは親族関係にある。

登場作品
あさきゆめみし(漫画)
正式名称
大君
ふりがな
おおいぎみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

光源氏の異母兄である八の宮の娘。同じく娘である中の君の姉。都を離れ、宇治の地で中の君とともに慎ましく暮らしていたが、八の宮の元へが通うようになり、見初められる。儚げで奥ゆかしい美しさを持ち、物静かさを好むから求婚されるようになるが、自身よりも妹の中の君の行く末を案じ、中の君を結婚させようと画策する。

しかし思惑はうまくいかず、中の君匂の宮と結婚することとなり、またその中で大君自身もへの恋心を自覚する。元々病弱であったため、父・八の宮の死や中の君の結婚などが度重なり、心労のため体調を崩し、そのまま帰らぬ人となる。

関連人物・キャラクター

中の君

光源氏の異母兄である八の宮の娘。同じく娘である大君の妹。八の宮の元へ通っていた薫に、大君とともに見いだされる。姉・大君と違い華やかで明るい美しさの持ち主。薫を通じて噂を聞きつけた匂の宮と文を交わすよう... 関連ページ:中の君

光源氏

桐壺帝の第二皇子。母は桐壺更衣。幼少の頃から輝くばかりの美貌と才能に恵まれ、「光る君(ひかるきみ)」と綽名される。母は三歳のとき亡くなる。母に似る女性・藤壺への思慕が初恋となり、その面影を求めて生涯様... 関連ページ:光源氏

表向きは光源氏の息子ということになっているが、実は柏木の息子。母は女三の宮。生まれながらにして芳しい香りをまとっていることから「薫」と呼ばれる。幼い頃に自分が光源氏の本当の子ではないと知り、そのため自... 関連ページ:

登場作品

あさきゆめみし

平安時代、桐壺帝の第二皇子で絶世の美男子である光源氏が、理想の女性を求め様々な女性と関わりを持ちながら、栄華を極めていく。序盤から中盤にかけては、主に光源氏の恋愛遍歴が描かれるが、中盤以降は光源氏の人... 関連ページ:あさきゆめみし

SHARE
EC
Amazon
logo