大垣 雄飛

大垣 雄飛

雄飛(漫画)の主人公。読みは「おおがき ゆうひ」。別称、柴田 雄飛。大垣とは親族関係にある。

登場作品
雄飛(漫画)
正式名称
大垣 雄飛
ふりがな
おおがき ゆうひ
別称
柴田 雄飛
関連商品
Amazon 楽天

概要

昭和15年に満州で生まれる。6歳で満州から引き揚げる際に母・柴田とよと姉・柴田百合を日本人の男に殺され、男への復讐を誓う。親類の家に預けられるが、そこで下男同然に扱われたため脱走、浮浪児となる。その後、いじめられていた少年・奥野剛士を助けたことがきっかけで剛士の姉・奥野まち子に育てられる。

11歳の頃に、まち子に好意を寄せる男岡田正行がボクシングをしていたことで、ボクシングに興味を持つ。その頃知り合った侠客の大垣に気に入られ、14歳で大垣と養子縁組をし大垣雄飛となる。その後、17歳でデビューを果たし、プロボクサーへの道を歩み始める。中学2年生の時に、母と姉を殺した男が、ボクシングジムの会長・峻堂巌であることを知り、峻堂のジムの選手をリング上で倒すことを当面の目的にする。

階級はデビュー時はバンタム級だったが、成長に合わせてフェザー級になる。過去の経験から女性に暴力を振るう男を許せず、相手が大人でも立ち向かっていく。

関連人物・キャラクター

大垣

大垣組の親分で、強きを挫き弱きを助ける人情派の侠客。やくざにさらわれた奥野まち子を助け、現場で戦っていた11歳の大垣雄飛と知り合う。ふたりの息子がいたが、戦争で失っている。雄飛に息子たちの面影を見てお... 関連ページ:大垣

峻堂 巌

満州から引き上げようとしていた大垣雄飛の母と姉を殺害した男。その際に雄飛に鎌で切りつけられ、顔に大きな傷跡がある。終戦直後の混乱期の事件であったことから、その罪を裁かれることもなく、戦後は峻堂興行とい... 関連ページ:峻堂 巌

登場作品

雄飛

母と姉を殺された少年が、戦災孤児として転々としつつ、仇への恨みを胸にプロボクサーを目指す姿を描く。 関連ページ:雄飛

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
立花 青葉
峻堂 巌
奥野 まち子
岡田 正行
大垣
北原 慎一
坂東 勝太郎
logo