大場 瀬左衛門

影狩り(漫画)の登場人物。読みは「おおば せざえもん」。室戸十兵衛とはライバル関係。

  • 大場 瀬左衛門
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
影狩り(漫画)
正式名称
大場 瀬左衛門
ふりがな
おおば せざえもん

総合スレッド

大場 瀬左衛門(影狩り)の総合スレッド
2016.01.25 12:35

概要

徳川幕府の重鎮で、 に命令して諸藩の取潰しを仕切る大目付。しかし、かつては室戸十兵衛が仕えていた越後一条の森家の国家老大渕左衛門であり、幕府 と内通して幼君・輝若に将軍下賜の陶器を壊させた張本人。その罪で輝若は切腹となり、越後一条の森家は断絶お取潰しとなった。

この件で大渕は幕府の重臣となり、名前を大場瀬左衛門と改めた。影狩り三人衆、特に室戸十兵衛の最大の敵である。

登場人物・キャラクター

影狩り三人衆のリーダー格の中年男。鋭い眼差しで、もみ上げまでつながる顎ひげと口ひげを生やしており、服装はたいてい黒い着物に真っ黒な合羽を羽織っている。神道無念流皆伝で、いかなる状況でも動ぜずに敵を倒す...

関連キーワード

『影狩り』に登場する集団。財政危機に陥った徳川幕府が、取潰しによる領地没収で窮地からの打開を謀り、取潰しの理由である大名の些細な落ち度を探索・捏造するため、諸藩に送り込むお庭番(忍者)・公儀隠密のこと...

登場作品

江戸時代、財政危機に陥った徳川幕府は、諸大名の取潰しによる領地没収で状況の打開をはかる。取潰しの理由を探したり捏造するために、幕府は影と呼ばれる隠密や忍者を密かに諸藩へ送り込んだ。影の暗躍から自藩を守...