大家のババァ

ついでにとんちんかん(漫画)の登場人物。読みは「おおやのばばあ」。間抜作とはライバル関係。

  • 大家のババァ
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ついでにとんちんかん(漫画)
正式名称
大家のババァ
ふりがな
おおやのばばあ

総合スレッド

大家のババァ(ついでにとんちんかん)の総合スレッド
2016.01.25 12:36

概要

「ウルトラばあさん登場! の巻」で初登場。間抜作が住むアパート久荘の大家さん。多角経営で老人ホームも経営している。作品中最強の存在で、抜作先生の天敵。「四連波(よんれんぱ)」や「うんこのかっ波(かっぱ)」などの技も使う。大家孫子(おおやまごこ)という孫娘がおり、こちらも東風や吉沢先生なら一撃で倒すほどの実力者である。

怪盗とんちんかん大家のババァに挑んだこともあったが、レッドの拳法もシロンの超能力も効かずじまい。高齢者特有の腰痛が出たおかげで怪盗のミッシヨンはクリアしたが、とんちんかんの正体を知られてしまうなど、とにかくババァの手のひらに踊らされた状態だった。

拳法の実力者である名なしのゴンベエもババァに挑んだことがあったが、あっさり返り討ちにあう。後に孫娘と抜作先生をお見合いさせるが、東風に100円で雇われたゴンベエによってお見合いは阻止される。だが、今度は孫娘がゴンベエを気に入ったため、今度はこちらとお見合いさせていた。

登場人物・キャラクター

礼院棒中学で2年5組を受け持つ教師で、怪盗とんちんかんのリーダーでもある。世間の常識が通用しないアホであり、それが怪盗とんちんかんとしての大きな武器となっている。いつも口を開けた、名前の通り間抜けな顔...

登場作品

怪盗とんちんかんは大邸宅にある価値のないものばかりを、予告状を出して盗んでいく怪盗。警備する大日本警察署の面々も、リーダーこと間抜作のアホを中心とするとんちんかんの力には勝てずじまい。そんな彼らの正体...