大山 倍達

大山 倍達

空手バカ一代(漫画)の主人公。読みは「おおやま ますたつ」。別称、マス・オーヤマ。

登場作品
空手バカ一代(漫画)
正式名称
大山 倍達
ふりがな
おおやま ますたつ
別称
マス・オーヤマ
関連商品
Amazon 楽天

概要

終戦直後、特攻隊で死にそびれ復員。生きがいを無くし、空手の腕を活かして愚連隊の用心棒になるが、偶然読んだ吉川英治「宮本武蔵」に感銘を受け、空手の道を究める決意をする。千葉県清澄山で山籠もりの空手修行を敢行。女欲しさに里に下りたくなる衝動を片眉を剃り落して抑える。修行の末、手刀で自然石を割れるようになり、一年半の山籠もりを卒業。

山を下り、戦後初の全日本空手道選手権に参加する。大会に優勝するも、当時の寸止め空手を「空手ダンス」と発言してしまい、空手界から孤立する。松竹映画をスポンサーに猛牛と対決。史上初めて素手で猛牛を倒し、「ウシ殺し」の異名をとる。世界一の空手家を目指してアメリカへ旅立ち、数多くの他流試合を経験。

FBIの特別教官なども務める。帰国後は大山道場を開催。さらに大山空手を世界に広めるため、再び海外へ進出。昭和39年には極真会館を設立。国内外の後進を育てていく。必殺技は、三角とび空中三段蹴り。自然石割りや手刀でビンを斬るほか、十円玉を親指と人差し指で曲げてしまう超人で「神の手(ゴッド・ハンド)」と呼ばれる。

関連人物・キャラクター

木村 政彦

19歳で全日本柔道選手権に優勝して以来十連覇を成し遂げ、「鬼の木村」の異名をとった不世出の天才。柔道七段。プロ柔道を興して講道館を破門される。プロ柔道の興行を偶然大山倍達が目にし、意気投合して親友とな... 関連ページ:木村 政彦

関連キーワード

極真会館

『空手バカ一代』の組織。大山道場を前身とし、昭和39年11月東京都豊島区西池袋に建設された道場。正式名称は国際空手道連盟総本部極真会館。直接打撃制(フルコンタクト)空手、実戦空手を提唱し、本部を拠点に... 関連ページ:極真会館

三角とび

『空手バカ一代』に登場する必殺技。完全に使いこなしたのは20代全盛期の大山倍達のみと言われる幻の秘技。敵と見当はずれの方角・物体へとび、その物体の反動を利用して敵を蹴り倒す。空中を三角状に飛ぶため「三角とび」と呼ばれる。

登場作品

空手バカ一代

神の手(ゴッド・ハンド)と呼ばれた伝説の空手家・大山倍達の半生を描いた伝記的要素の強い第一部と、大山と極真会館の高弟たちの活躍を描いた第二部の二部構成。第一部の作画はつのだじろう、第二部は影丸譲也が担... 関連ページ:空手バカ一代

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
有明 省吾
グレート・東郷
力道山
logo