大山 置八子

大山 置八子

空手バカ一代(漫画)の登場人物。読みは「おおやま ちやこ」。大山倍達とは親族関係にある。

登場作品
空手バカ一代(漫画)
正式名称
大山 置八子
ふりがな
おおやま ちやこ
関連商品
Amazon 楽天

概要

大山倍達の妻。1952年、大山帰国時に大山が建てた目白の邸宅で生活を共にする。わずかの年月で目白邸宅を大山の知人にだまし取られるが、大山の空手家としての生き方に理解を示し、文句を言わずに従うよくできた武人の妻。同名の実在人物をモデルにしている。

関連人物・キャラクター

大山倍達

終戦直後、特攻隊で死にそびれ復員。生きがいを無くし、空手の腕を活かして愚連隊の用心棒になるが、偶然読んだ吉川英治「宮本武蔵」に感銘を受け、空手の道を究める決意をする。千葉県清澄山で山籠もりの空手修行を... 関連ページ:大山倍達

登場作品

空手バカ一代

終戦直後、特攻隊くずれの復員兵・空手二段の大山倍達は、心の虚無を埋めるため、グレン隊の用心棒に身を落としていた。ヤクザ同士の抗争と暴力に明け暮れる中、ひょんなことから運命の書・吉川英治著「宮本武蔵」に... 関連ページ:空手バカ一代

SHARE
EC
Amazon
logo