大島 弓子

グーグーだって猫である(漫画)の主人公。読みは「おおしま ゆみこ」。

  • 大島 弓子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
グーグーだって猫である(漫画)
正式名称
大島 弓子
ふりがな
おおしま ゆみこ

総合スレッド

大島 弓子(グーグーだって猫である)の総合スレッド
2016.01.25 12:38

概要

漫画家の女性。前髪を上げて額を全開にし、茶髪を扇のように広げた髪型で描かれる。丸眼鏡をかけているのが特徴。1995年10月に愛猫のサバを亡くし悲しみに暮れていたが、偶然ペットショップで出会ったグーグーに惹かれ購入。グーグーの見せる愉快な行動や姿を漫画にしていく。サバとの生活に悔いを残しており、同じことを繰り返さぬよう猫たちに真摯に接する。

飼い猫たち以外の猫にも深い愛情を示し、捨て猫を保護していくうち、どんどん飼い猫が増えていく。作者である大島弓子本人がモデル。

登場人物・キャラクター

大島弓子の飼い猫。性別はオスで、種類はアメリカンショートヘア。身体にぐるぐる巻きの模様があるのと、お腹に人の顔と犬の顔のような模様があるのが特徴。「good good」の意味も込めて「グーグー」と名付...
大島弓子の飼い猫。性別はメス。最初は「ノア洪水以前」と名付けられていたが、呼びづらいという理由で改名を繰り返し、身体の模様がミツバチのような色をしていることから最終的には「ビー」に落ち着いた。元は捨て...
『グーグーだって猫である』の登場猫。大島弓子の住む一軒家の庭に、ご飯を食べに来たり、子供を産みにきたりする近所のノラ猫たち。巨大なオスの白黒ブチの「冬太郎」、長毛種雑種でオスの「フサフサ」、やたらと子...
大島弓子の新居に出没する小柄な野良猫。三毛猫で、性別はメス。鼻の中央に黒丸模様があるため、「ハナ」と名付けられた。警戒心の強い性格だが冬太郎とフサフサとは仲が良い。ある日妊娠し、「ちょびひげ」と「モヘ...

登場作品

世界観猫が題材。作者・大島弓子自身を主人公に、彼女と彼女の飼い猫たちの日常を描く。タイトルにもなっているアメリカンショートヘアのグーグーをはじめ、捨て猫だったビー、ホームレスの男性から譲り受けた猫のタ...