大島 玲也

大島 玲也

魔探偵ロキ(漫画)の作品登場人物。読みは「おおしま れいや」。

登場作品
魔探偵ロキ(漫画)
正式名称
大島 玲也
ふりがな
おおしま れいや
関連商品
Amazon 楽天

概要

街で交通事故に遭いそうになっていたところをロキに助けられた女子小学生。「忘却の錬金術師」の異名を持つ学者を父親に持つ令嬢。資産家でもあった父親が亡くなったあとに発生した、大島家の遺産争いの事件でもロキに助けられ、次第にロキに片思いするようになる。予知夢を見る不思議な力を持っており、夢の内容がよく当たってしまうため、怖い夢を見るたびに憂鬱になっている。一見おとなしく健気な少女だが、その正体はフレイヤが人間に転生した姿で、ブリーシングの首飾りを身につける事でフレイヤに覚醒する。ただし、大島玲也でいる時は女神としての自覚はなく、神界で過ごした記憶も残っていない。当初はへイムダルに無理やりブリーシングをつけられた事でフレイヤに覚醒した。しかし、ロキがほかの女性となかよくしているのを見て強い独占欲や嫉妬心が生まれると、ブリーシングなしでも覚醒するようになる。一定時間が経つと元に戻り、フレイヤとして過ごした時の事も覚えていないが、徐々にもう一人の自分の存在を感じ取っていく。

関連人物・キャラクター

ロキ

燕雀探偵社の少年探偵を名乗る謎の少年。栗色の短髪で、大きなリボンを首元で結んでいる。助手の闇野竜介と二人で暮らしており、探偵稼業をしながらさまざまな怪事件を解決している。一見ふつうの少年だが、博学かつ... 関連ページ:ロキ

登場作品

魔探偵ロキ

少年の姿をした北欧神話の神ロキが魔に取り憑かれた人間の起こす事件の謎を暴く推理コメディ。北欧神話をベースにした様々な神や悪魔が登場する。 関連ページ:魔探偵ロキ

SHARE
EC
Amazon
logo