大悟の父

おくりびと(漫画)の登場人物。読みは「だいごのちち」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おくりびと(漫画)
正式名称
大悟の父
ふりがな
だいごのちち

総合スレッド

大悟の父(おくりびと)の総合スレッド
2016.05.06 18:10

概要

30年前、経営していた喫茶店のウエイトレスとともに失踪。その後、身寄りもなく単身アパートで亡くなった。川で拾ってきた石を石文として集めていた。石には、拾った日付などが書いてある。また、その石を小林大悟の母は取っておいた。

登場作品

元チェロ演奏者の小林大悟が、故郷である山形県へ帰り、ふと見た求人広告で納棺師の会社に勤めることになる。納棺師とは、遺体に死に化粧や防腐処理を施し、棺に納めるまの仕事だった。慣れない納棺の仕事、扱う遺体...