大文字 夏絵

考える犬(漫画)の登場人物。読みは「だいもんじ かえ」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
考える犬(漫画)
正式名称
大文字 夏絵
ふりがな
だいもんじ かえ

総合スレッド

大文字 夏絵(考える犬)の総合スレッド
2016.07.11 19:04

概要

作中で生まれた大文字文左衛門の三女。作中時間の経過とともに成長し、幼いながらも1人で町に出ては色々な人と出会い、大文字家に大小さまざまな事件をもたらす。非常に行動力のあり賢い子どもだが、家族、家、町、そして地球の大きさに驚愕するなど年相応な一面を見せることもある。

登場作品

出版社のやり手編集長である大文字文左衛門は、ある日雨に濡れていた子犬を拾い紋次郎と名付ける。紋次郎は実は大型犬で巨大に成長するだけでなく、文左衛門を犬目線の群れのなかで格下と見なすようになる。そんな紋...