大日輪行仁

大日輪行仁

ゴッドサイダー(漫画)の登場人物。読みは「だいにちりんぎょうじん」。

登場作品
ゴッドサイダー(漫画)
正式名称
大日輪行仁
ふりがな
だいにちりんぎょうじん
関連商品
Amazon 楽天

概要

高野山にある鬼哭寺の住職であり、日本仏教界を取り仕切っている老爺。ゴッドサイダーの指導者的立場の人物である。その能力はかなりのものがあり、魔方陣を使って、鬼哭霊気の復活をなしている。特別な技はもっていないが、その戦闘力は測りしれないものがあり、第一次世界大戦中には、ヨーロッパにベルゼバブを封じに赴いている。

関連人物・キャラクター

鬼哭霊気

魔王(サタン)が、天使長ルシファーであった頃に、その体から生まれた者たちの子孫である鬼哭一族のひとり。育ての親である大日輪行仁により、記憶や力を封じられていたが、サタン復活を目論む悪魔側の人間(デビル... 関連ページ:鬼哭霊気

登場作品

ゴッドサイダー

1987年、魔王(サタン)を復活させるため、彼の手下である「悪魔側の人間」(デビルサイダー)が、世界各地で人間の虐殺と破壊活動を始めた。日本で目覚めたデビルサイダーのドゥーインは、日本仏教界を取り仕切... 関連ページ:ゴッドサイダー

SHARE
EC
Amazon
logo