大柴 壮介

大柴 壮介

魔王ダンテ(漫画)の登場人物。読みは「おおしば そうすけ」。

登場作品
魔王ダンテ(漫画)
正式名称
大柴 壮介
ふりがな
おおしば そうすけ
関連商品
Amazon 楽天

概要

神の結社に所属している人物。普段は宇津木涼と同じ高校に通う高校生。サディスティックな性格で、悪魔崇拝者(サタニスト)たちの黒ミサを襲撃する際も、銃は使わずに、刀を使うことを好む。を同志として神の結社に引き入れようとしている。

関連人物・キャラクター

宇津木涼

山岳部に所属する高校生。イスカリオテのユダに操られ、悪魔王ダンテの封印を解いてしまう。その後、ユダに捕食されるが、逆に意識を支配してダンテの肉体とその能力を得る。その後は日本に戻り、変身能力を使ってか... 関連ページ:宇津木涼

関連キーワード

神の結社

『魔王ダンテ』に登場する組織。神に仕え、悪魔を滅ぼそうとしている狂信者たちによって構成されている。長年悪魔崇拝者(サタニスト)たちとは敵対関係にあり、16世紀には大規模な魔女狩りを行っていた。近年にお... 関連ページ:神の結社

登場作品

魔王ダンテ

主人公の高校生・宇都木涼は毎夜のように見る悪夢に悩まされていた。悪夢の内容は「ヒマラヤ山脈の氷に閉じ込められた怪物に自分が出会う」というもの。ある日、日本アルプスを登山中の宇都木涼は、不思議な力によっ... 関連ページ:魔王ダンテ

SHARE
EC
Amazon
logo