大江 錦太郎

大江 錦太郎

GOLDEN BOY(漫画)の主人公。読みは「おおえ きんたろう」。別称、錦ちゃん。

登場作品
GOLDEN BOY(漫画)
正式名称
大江 錦太郎
ふりがな
おおえ きんたろう
別称
錦ちゃん
関連商品
Amazon 楽天

概要

年齢25歳。東大法学部の全過程を修得したため自主退学。全国を自転車で旅しながら、フリーターとして働いている。手帳には日々体験した様々なことを書きつけている。口癖は「勉強になるなー」。バイトとしてトイレ掃除をしていると、そのまま妄想にふけることが多い。金剛寺政宗曰く、「この世で恐れなければならない唯一の存在」。

物語途中で姿を消すが、西部貴子の家の使用人として再登場。橘杏子のマインドコントール機器によって、学生時代の過去と女性遍歴が明らかになる。1967年5月5日生まれ、血液型A型。好きな言葉「朝に道を聞きては夕べに死すとも可なり」。趣味、おべんきょう。好きな女性のタイプ、ジョディ・フォスターもしくは桜樹ルイ、佐野史郎。

愛読書、東京ラブストーリー。好きな食べ物、カレーライス。

関連キーワード

錦太郎の手帳

錦太郎が勉強のために持ち歩いている手帳。曰く「命より大切な物」自ら体験、学んだことを克明に記録してある。得てして真実を突いてる事も多く、その内容を知った者たちに逆上されて燃やされることもある。

登場作品

GOLDEN BOY

ドジでスケベなフリーターの主人公大江錦太郎が、「おべんきょう」のため日本各地を旅しながら様々な職業を経験。人知れずトラブルを解決して去ってゆく。 関連ページ:GOLDEN BOY

SHARE
EC
Amazon
logo