大滝木 綿子

ハツカネズミの時間(漫画)の登場人物。読みは「おおたき ゆうこ」。鳴沢檀とは親族関係にある。

  • 大滝木 綿子
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ハツカネズミの時間(漫画)
正式名称
大滝木 綿子
ふりがな
おおたき ゆうこ

総合スレッド

大滝木 綿子(ハツカネズミの時間)の総合スレッド
2016.01.25 12:42

概要

蒼崚学園で保健医を務めている。鳴沢製薬会長の娘で、鳴沢檀の異母妹。ただし母親が亡くなるときまで父親のことは聞かされておらず、作中では鳴沢家で暮らしているが、蒼崚学園を脱走したのちにやってきたため、と面識はない。鳴沢家に入ってからも母親の姓を変えないなど、父親のことを嫌悪。

同時に、保健室に来る生徒の症状のほとんどが、投与された試薬の副作用であることから、蒼崚学園についても違和感を覚えている。一方で兄の檀のことを深く心配しており、檀に対して自分と一緒に蒼崚学園から離れようと提案したことも。

登場人物・キャラクター

鳴沢製薬社長と同時に蒼崚学園の校長を務める。梛の兄であり、梛と同じく幼いころに自身も蒼崚学園に入れられた。しかし梛とは異なり、蒼崚学園での生活を全うしている。優秀だが型破りなところはなく、そんな自分よ...

関連キーワード

『ハツカネズミの時間』に登場する学校。生徒たちにはエリート養成のための一貫校と説明されているが、その実態は鳴沢製薬によって身寄りのない子供たちが集められ、さまざまな試薬を投与するための実験施設である。...

登場作品

エリートを育成するため、幼いころから世俗から離れた環境で一貫教育を行う蒼崚学園。生徒たちは自分たちが通う学校に疑うことなく学生生活を過ごしていた。主人公の高野槙もそのひとり。しかし槙の日常は、氷夏桐子...