大田原 一郎

ちかいの魔球(漫画)の登場人物。読みは「おおたわら いちろう」。二宮光とはライバル関係。

  • 大田原 一郎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちかいの魔球(漫画)
正式名称
大田原 一郎
ふりがな
おおたわら いちろう

総合スレッド

大田原 一郎(ちかいの魔球)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

50メートル先に走っている車が蟻を轢いていくのを見るほどの驚異的な視力を持つ。裕福な家庭に育った。阪神タイガースの内野手。背番号4番。既に阪神への入団が決まっていたことを隠し、川上監督の指令でスカウトに来た二宮光に、今魔球を投げて勝負をしたら巨人と契約するという嘘をつく。

ずる賢い性格。二宮光、久保らとの背番号を賭けた戦いでは、新魔球を打って勝利。その後の戦いで、第三の魔球に敗れるものの、その年阪神タイガースはセントラル・リーグ優勝を果たす。

登場人物・キャラクター

静岡県浜松市出身。母親と別居し、叔父の家で働きながら学校へ通う。富士高校のエースとして甲子園を目指すが、その夢はライバル校の謀略に敗れる。その後、プロ球界からのスカウトで、昭和36年、巨人軍へ入団。左...

登場作品

魔球を投げる富士高校野球部エース二宮光とキャッチャーの久保田吾作は、地区予選でライバル校の謀略で出場辞退となってしまう。しかし、プロ球団からスカウトされ、読売巨人軍に入団。最初の魔球から新魔球、第三の...