大糞赤子

大糞赤子

彼岸島 最後の47日間(漫画)の登場人物。読みは「おおぐぞあかご」。

登場作品
彼岸島 最後の47日間(漫画)
正式名称
大糞赤子
ふりがな
おおぐぞあかご
関連商品
Amazon 楽天

概要

宮本明が蚊の第一育成所の生物実験室で遭遇した、巨大な赤子の姿をした邪鬼。頭頂部には巨大な口があり、通常の手足のほか、胸部にも細い複数の手が生えている。コンクリートをも溶かす息を吐く強敵だが、目が見えず物音などに反応して獲物を襲う。生物実験室に侵入したたちの存在に気付き、襲い掛かった。

配管を鋭く切断した槍によって手足を串刺しにされて縛りつけられたのち、頭に大量の槍を突き刺されて死亡。

登場作品

彼岸島 最後の47日間

吸血鬼の首領である雅は、吸血鬼ウィルスを持つ蚊を日本全土に撒き散らし、日本人の絶滅を目論んでいた。これを知った宮本明たち人間軍は、その計画を阻止すべく彼岸島に3つある蚊の育成所の破壊を実行する。雅が予... 関連ページ:彼岸島 最後の47日間

SHARE
EC
Amazon
logo