大蛇の器

大蛇の器

曇天に笑う(漫画)に登場する用語。読みは「おろちのうつわ」。

登場作品
曇天に笑う(漫画)
正式名称
大蛇の器
ふりがな
おろちのうつわ
関連商品
Amazon 楽天

概要

300年に一度という長期の曇天の時に現れ、人々に災いをもたらすといわれている存在。大蛇復活のためにとり憑かれた人間が、大蛇の器であるとされる。器となったものは大蛇復活を阻止するため、封じなければならない。

登場作品

曇天に笑う

明治維新後の日本、士族反乱などで増える罪人を収容するため、政府は湖の上に脱獄不可能な監獄「獄門処」を作った。獄門処に罪人を護送する橋渡しを担当するのは、曇神社の曇三兄弟である、長男の曇天火、次男の曇空... 関連ページ:曇天に笑う

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo