大覚屋 英真

銀河戦国群雄伝ライ(漫画)の登場人物。読みは「だいがくや えいしん」。大覚屋師真とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
銀河戦国群雄伝ライ(漫画)
正式名称
大覚屋 英真
ふりがな
だいがくや えいしん

総合スレッド

大覚屋 英真(銀河戦国群雄伝ライ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

南京楼の豪商・大覚屋の次男で、放蕩者の兄・大覚屋師真に代わる跡取りとして周囲に期待されている。ただ、兄の才覚を承知している彼は兄に心酔しており、兄が全銀河を舞台に羽ばたく日を心待ちにしていた。大覚屋師真竜我雷に仕官したのちは、大覚屋英真も経済顧問として重用されるようになり、竜我雷の覇業を経済的に後押しする。

しかし、南京楼に戦火が及び実際に戦争を経験すると、心境が変化。戦乱の回避のみを考えるようになり、北天と南天が天下を二分して支配する南北二朝制を主張するようになる。これは大覚屋師真はもとより竜我雷羅候にとっても到底容認できないもの。

しかし大覚屋英真は兄を超えるため、持論に固執し続けるのだった。

登場人物・キャラクター

南京楼の豪商・大覚屋の長男。史書、経書、兵法、天文、医学などあらゆる学問に通じる全銀河屈指の天才戦略家だが、普段は酒と女に溺れる日々を過ごし、その力量を隠している。彼の本性を知る各国の要人はこぞって彼...

登場作品

270年にわたって広大な宇宙を支配していた神聖銀河帝国は、第十三代皇帝・光輝帝の崩御によってその命運を終えた。帝国崩壊による混乱のなか、いち早く名乗りを上げたのは元帝国左将軍・比紀弾正。強力な軍勢によ...