大谷 主水

闇の土鬼(漫画)の登場人物。読みは「おおたに もんど」。土鬼とは親族関係にある。

  • 大谷 主水
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
闇の土鬼(漫画)
正式名称
大谷 主水
ふりがな
おおたに もんど

総合スレッド

大谷 主水(闇の土鬼)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

土鬼(どき)の育ての親。幕府の隠密機関・血風党を脱党し追手から逃げる途中に、殺されかけた赤子の土鬼を助け出す。老人に姿を変えて道場を開き、土鬼に武芸を教え育てるが、血風党に存在を知られ殺されてしまう。

登場人物・キャラクター

口減らしのために生き埋めにされたところを大谷主水に救われ育てられた。埋められた際、親に鍬で打たれたため右目は失明している。その時の後遺症か、時おり左腕が利かなくなる時がある。主水に裏の武芸を教え込まれ...

関連キーワード

『闇の土鬼』に登場する組織。戦国時代に徳川家が作った暗殺者集団。敵の武将を暗殺したり、敵の城に忍びこみ、城内を攪乱することなどの役目を負った。無明斎を長として、四天王と呼ばれる実力者4人に統率されてい...

登場作品

かつては幕府の隠密機関であった血風党だが、太平の世となった後は、凶悪な暗殺集団と化していた。状況に嫌気が差し脱党した大谷主水は、逃亡中に、口減らしのために土に埋められた赤ん坊を助ける。主水は子供を土鬼...