大貫

ベルリン飛行指令(漫画)の登場人物。読みは「おおぬき」。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ベルリン飛行指令(漫画)
正式名称
大貫
ふりがな
おおぬき

総合スレッド

大貫(ベルリン飛行指令)の総合スレッド
2016.09.01 15:33

概要

海軍省副将として零戦空輸作戦の指揮を取り、山脇と共に計画を進めていく。作戦は及川海相からの指示で、反対派による海軍内部の分裂を避けるため、ドイツからの申し入れは大貫山脇だけに伝えられ、零戦の直接監督責任者である井上中将にもドイツからの正式契約があるまでは知らせない事になっていた。

情勢を考え、インドとイラクを強行突破する南回りの飛行ルートを選ぶ。パイロット候補の遠田大尉からは端から無理だと断られ失望したが、その後安藤啓一と会い、無礼な態度に立腹するものの、実力は認め任務を下す事にした。来るべき対米戦での大殺戮を見据えて、やがて安藤啓一のような時代錯誤の飛行機乗りの事をうらやむだろうと山脇に告げる。

横須賀基地を飛び立った零戦を見送った後、連合艦隊司令部の参謀として異動になる。

登場作品

第二次世界大戦の火蓋が切って落とされた1940年のヨーロッパでは、ナチス・ドイツによるロンドンへの猛爆が繰り返されていた。しかし、ドイツは自国のメッサーシュミットよりも性能の優れた英国空軍の戦闘機スピ...