大鳥 赤心斎

赤胴鈴之助(漫画)の登場人物。読みは「おおとり せきしんさい」。

  • 大鳥 赤心斎
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
赤胴鈴之助(漫画)
正式名称
大鳥 赤心斎
ふりがな
おおとり せきしんさい

総合スレッド

大鳥 赤心斎(赤胴鈴之助)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

箱根の強羅で道場を開く剣の達人。千葉周作から赤胴鈴之助飛鳥流真空斬りを授けるよう頼まれる。2年後、鈴之助真空斬り完成を見る前に、火京物太夫の凶弾に倒れる。

登場人物・キャラクター

北辰一刀流の創始者。江戸で千葉道場を開く剣の達人。赤胴鈴之助の師匠で、鈴之助を愛情と厳しさで鍛え上げる。実在の剣術家・千葉周作がモデル。
日本一の剣客を目指して修行する少年剣士。正しい心と何事にも屈しない根性を持つ。父・鉄之助を亡くし、みなしごとなる。父の形見である赤胴が特徴。父の親友・横車押之助に連れられ、江戸の北辰一刀流千葉道場に入...

関連キーワード

『赤胴鈴之助』に登場する必殺技。飛鳥流・大鳥赤心斎が編み出した技。2年の修行の末に赤胴鈴之助もこれを会得する。刀あるいは素手を回転させ、つむじ風を起こし真空状態をつくることで相手を切り裂く。

登場作品

田舎道場で剣の修行に明け暮れていた金野鈴之助は、道場破りと立ち合うが敗れてしまう。道場破りの名は横車押之助。じつは鈴之助の亡父・鉄之助の親友だった。横車は鈴之助を江戸の千葉道場へ修行にやるよう提案。道...