ちいさこべえ(漫画)の登場人物。読みは「まさる」。別称、マサル。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ちいさこべえ(漫画)
正式名称
ふりがな
まさる
別称
マサル

総合スレッド

大(ちいさこべえ)の総合スレッド
2016.01.25 12:43

概要

大留工務店で働く職人で、腕の立つ大工。茂次の後見役的存在。大留工務店の火災の際は茂次と共に鎌倉の現場にいたが、棟梁として現場を離れようとしない茂次の名代として東京に戻り、大留工務店の状況を連絡するなど、大留工務店の用事を何くれとなくこなしている。茂次の腕前は認めているが、子供たちを養いつつも大留工務店を再建しようとする、意地っ張りな茂次のことを心配している。

よその工務店から親方として引き抜きの話が来るほどの腕前だが、恩義のある大留工務店に留まる。

登場人物・キャラクター

老舗の大工・大留工務店の跡取り息子で、大火事で大留工務店が焼失し、父の留造が亡くなったのを機に棟梁となる。26歳だが、頭髪やひげをぼうぼうに伸ばしているため表情が分かりづらく、口数も少ない。有名大学の...

関連キーワード

『ちいさこべえ』に登場する工務店。東京の「一の町」にある大工店。老舗だったが、近くのふとん屋付近から出火し広がった大火事により、工務店、工房、作業員のアパートも焼けてしまう。徒弟制度が残っている現代で...

登場作品

現代では数少なくなった徒弟制を残す大工の大留工務店が大火事により焼失。火事で亡くなった父・留造の跡を継ぎ、26歳の若さにして棟梁となった茂次が、「人情」と「意地」を大事に守りながら店の再興のために奮闘...