天地 無用

ついでにとんちんかん(テレビアニメ)の登場人物。読みは「あまち むよう」。抜作とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
ついでにとんちんかん(テレビアニメ)
正式名称
天地 無用
ふりがな
あまち むよう

総合スレッド

天地 無用(ついでにとんちんかん)の総合スレッド
2016.01.25 12:31

概要

警察官。怪盗とんちんかんを追う警察署に務める若者。抜作に匹敵するアホさを見込まれ、とんちんかんリーダーへの対抗手段として署に配された。抜作の元教え子であり、彼を師として厚く尊敬している。

意表をついたタイミングでいきなり下半身の前を露出するギャグが得意技。

登場人物・キャラクター

怪盗とんちんかんのリーダー。世間一般の価値観に逆らう言動を極め、常識どころか物理法則まで超越する男。銃や刃物など、どんな武器で攻撃されても死なないか、死んでも復活する。アホを自認するがバカ呼ばわりは嫌...
怪盗とんちんかんのリーダー。世間一般の価値観に逆らう言動を極め、常識どころか物理法則まで超越する男。銃や刃物など、どんな武器で攻撃されても死なないか、死んでも復活する。アホを自認するがバカ呼ばわりは嫌...

関連キーワード

『ついでにとんちんかん』に登場する集団。ほとんど値打ちのない、つまらない物品のみを専門に盗む盗賊団。事前に予告状を送りつけ、盗みのさいには人を死傷させないことがモットー。メンバーの東風・珍平・白井甘子...

登場作品

夜ごとに町を騒がす盗賊の一味、怪盗とんちんかん。その活動は人に危害をくわえず、ターゲットにする品物も大きな損害にならないものばかりだが、あまりに毒にも薬にもならないセコい盗みを繰り返すためむしろもっと...