天変 地異子

おいら女蛮(漫画)の登場人物。読みは「てんぺん ちいこ」。女蛮千代とはライバル関係。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
おいら女蛮(漫画)
正式名称
天変 地異子
ふりがな
てんぺん ちいこ

総合スレッド

天変 地異子(おいら女蛮)の総合スレッド
2016.01.25 12:40

概要

女尊学園の女性体育教師。金髪にレオタード姿の超グラマー。かつて女番魔王と恐れられた女性で天変流ケンカ道の使い手。女蛮千代とはかつてライバルだった。ウーマン・リブ革命実現のため、女性専門の天変流ケンカ道場を開き、多数の女番を排出する。『がんばれスポコンくん』『ドロロンえん魔くん』など、多数の永井豪作品に登場する、ちィ子先生がモチーフ。

登場人物・キャラクター

主人公・スケバンの母で元最強の女番長。小学生のときに結婚して、中学生で息子・スケバンを生んだため、まだ20代のグラマーな美人。夫の女蛮角や蛮子のことが大好きで、セクシーな姿で2人に迫る。普段は優しいが...

関連キーワード

主人公・スケバンが通う学園で小学校から大学までの一貫教育を行う。「女性を尊敬する」という理念の学校。女性が強く、スケバングループが多数ある。じつは国際犯罪結社「豹の爪(パンサー・クロー)」の下部組織。

登場作品

喧嘩のために退学させられてばかりいる男子中学生・女蛮子。またしても退学処分を喰らい、新しく女尊学園に転入することになるが、名前のせいで、女子と間違われて手続きが進んでしまう。セーラー服に身を包んで登校...