天津彦根神

天津彦根神

朝霧の巫女(漫画)の登場人物。読みは「あまつひこねのかみ」。

登場作品
朝霧の巫女(漫画)
正式名称
天津彦根神
ふりがな
あまつひこねのかみ
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本神話に登場する神で、素戔嗚尊の叔父にあたる存在。主上の計画を阻止すべく、天津忠尋の右腕に顕現する。普段は天津忠尋の左目におり、自由意思で出たり入ったり出来るため、彼が目として収まっていない時は少々グロテスクな絵面になる。親のような態度で天津忠尋に接し、度々忠告をしてくる。

過去には天津忠明の片腕として顕現をしていた時期があった。

登場作品

朝霧の巫女

天津忠尋は、母である天津結実の置き手紙を読み、従妹である稗田柚子ら姉妹が住む広島県三次市に引っ越す。しかしその日から、乱裁道宗による妖怪の襲撃を幾度となく受け、主上と呼ばれる敵の主が、自身の審神者とし... 関連ページ:朝霧の巫女

SHARE
EC
Amazon
logo