天津 影久

無限の住人(漫画)の登場人物。読みは「あのつ かげひさ」。浅野凜とはライバル関係。

  • 天津 影久
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
無限の住人(漫画)
正式名称
天津 影久
ふりがな
あのつ かげひさ

総合スレッド

天津 影久(無限の住人)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

逸刀流統主。見た目は女性のような細身の優男だが、天才的な剣の腕を持つ剣士。祖父の興した逸刀流の2代目統主となり、「あらゆる流派の統一」を掲げ、手始めに無天一流の浅野道場を襲って浅野凜の両親を仲間たちに斬殺させた。その後、高名な剣の道場を次々と潰しては逸刀流として吸収していき、勢力を拡大していった。

独特の形状をした重量級の斧を武器としている。

登場人物・キャラクター

無天一流の浅野道場の娘。14歳の時、逸刀流に両親を斬殺され、以来、仇討ちのために腕を磨き、機会を窺っていたが、16歳の時に万次と知り合い、彼を用心棒として雇って復讐の旅に出ることとなる。何本もの小刀を...

関連キーワード

『無限の住人』に登場する剣の流派。無天一流を破門になった天津三郎が興した。孫の天津影久によって広く普及し、江戸だけで千人の門人を抱える一大流派となった。「勝つことこそ剣の道である」が身上で、一対一でさ...

登場作品

江戸時代中期、すべての流派の統一を掲げる剣客集団・逸刀流に、両親を殺された少女・浅野凜は、不死の肉体を持つ剣士・万次を用心棒として雇い、仇敵である逸刀流統主・天津影久を追うこととなった。時を同じくして...