天津飯

天津飯

ドラゴンボール(漫画)の登場人物。読みは「てんしんはん」。孫悟空とはライバル関係。

登場作品
ドラゴンボール(漫画)
正式名称
天津飯
ふりがな
てんしんはん
関連商品
Amazon 楽天

概要

孫悟空の師匠、亀仙人のライバル鶴仙人の弟子であり、額にもう一つの目を持つ格闘家。当初は桃白白のような殺し屋を目指しており、残虐な行動も見られたが、亀仙人に悪人になりきれないと指摘され、悟空との戦いを経て改心した。自らの命を削るが、絶大な威力を持つ「気孔砲」や、全身の気を光らせて相手の目を眩ませる「太陽拳」など多彩な技を使いこなす。

関連人物・キャラクター

孫悟空

キャラクター紹介『ドラゴンボール』の主人公。都から数千キロ離れた山奥に一人で住んでいる、猿のような尻尾を生やした少年。養父孫悟飯の形見としてドラゴンボールを大事に持っていた。ある日ドラゴンボールを求め... 関連ページ:孫悟空

登場作品

ドラゴンボール

世界観舞台は「地球」とされているが、現実世界とは異なる点が多々ある。住民は人間が中心だが、獣人や妖怪、魔物などが混在している世界である。一部の動物も言葉をしゃべる広義のファンタジーであり、作者の前作『... 関連ページ:ドラゴンボール

SHARE
EC
Amazon
logo