天王 獅子丸

黒の獅士(漫画)の登場人物。読みは「てんのう ししまる」。白魔とはライバル関係。百地三太夫とは親族関係にある。

  • 楽天
  • Amazon
登場作品
黒の獅士(漫画)
正式名称
天王 獅子丸
ふりがな
てんのう ししまる

総合スレッド

天王 獅子丸(黒の獅士)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

若年ながら、伊賀の里でも最強の忍者になるだろうと目される少年。頭領百地三太夫の娘、小夜と、光り輝く体を持つ不可思議な男との間に生まれたが、それを知らされず下忍として育てられた。長じて黒の志士の一員となり、この宇宙の知的生命体の壊滅を目論む白魔との闘いに身を投じる。

登場人物・キャラクター

伊賀忍者の頭領。娘・小夜に子を授けた不思議な男から、「生まれてくる子は魔王信長を倒す天命がある」と告げられる。実は未来人であり、時間局の局員として戦国時代に駐屯していたが、白魔によって殺害される。

関連キーワード

『黒の獅士』に登場する組織。織田信長や銅磨陣内らを操る黒幕。その正体は、この宇宙とは別の白い宇宙からやってきた侵略者である。自分たちが棲む白い宇宙が収縮を始めたため、その原因と思われる黒い宇宙(地球が...

登場作品

時は戦国。伊賀忍者の中でも超人的な力を持つ天王獅子丸は、頭領百地三太夫から、美濃国主斉藤道三の暗殺を命じられる。しかし、道三の警護には、不死身の武芸者銅磨陣内が就いていた。獅子丸は苦戦の末、陣内を倒す...