天目山

天目山

戦国ゾンビ~百鬼の乱~(漫画)に登場する地名。読みは「てんもくざん」。

登場作品
戦国ゾンビ~百鬼の乱~(漫画)
正式名称
天目山
ふりがな
てんもくざん
関連商品
Amazon 楽天

概要

甲州の一角にある峠。その地中には武田軍の手によって天然の大洞窟を利用した地下城が造られており、山本勘助の指揮の下鬼人の研究が続けられていた。また、この地下城内には、かつての武田家を支えた勇将・猛将の躯が運び込まれており、鬼人の病を利用して彼らを復活させることさえ考えられていた。

登場作品

戦国ゾンビ~百鬼の乱~

時は戦国末期、武田信玄を失い衰退の途にあった武田勝頼率いる武田軍は、織田・徳川連合軍の前に大敗を喫し、その運命は風前の灯となっていた。大将勝頼は、跡継ぎである武田信勝に武田の再興を託さざるを得なくなる... 関連ページ:戦国ゾンビ~百鬼の乱~

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
戦国ゾンビ~百鬼の乱~
logo