天眼

天眼

イシュタルの娘~小野於通伝~(漫画)に登場する小野於通が使用する特殊能力。読みは「てんがん」。

登場作品
イシュタルの娘~小野於通伝~(漫画)
正式名称
天眼
ふりがな
てんがん
関連商品
Amazon 楽天

概要

相手の本質や、行く末などをイメージとして見通したり、予知する能力で、小野家の血筋にはときおり天眼を備えた者が現れるという。於通は織田信長に巨大な黒い竜を見たり、羽柴秀吉や徳川家康の背後に強い光を見るなどする。

九条稙通や飯綱の太夫は於通の持つ天眼の本質を悟っている様子である。

登場作品

イシュタルの娘~小野於通伝~

16世紀、戦国時代の日本。人には見えないものが見える天眼という能力を持つ武家の娘・小野於通は、織田信長の背後に黒い龍を見、近衛信基とは運命の出会いをする。その後、於通は、公家・九条稙通の保護の下で高い... 関連ページ:イシュタルの娘~小野於通伝~

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
イシュタルの娘~小野於通伝~
logo