• 風恋記 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 天紋・地紋

天紋・地紋

天紋・地紋

風恋記(漫画)に登場する、重要なキーワード。読みは「てんもん・ちもん」。

登場作品
風恋記(漫画)
正式名称
天紋・地紋
ふりがな
てんもん・ちもん
関連商品
Amazon 楽天

概要

天紋とは額の真ん中にある黒子のこと。地紋とは足の裏の真ん中にある黒子のこと。「天紋は地紋と並び立てば王になれる」という言い伝えがある。盗賊の鬼堂丸秋葉融明に額を射貫かれる前に、天紋のある白拍子と恋仲になり叡山を追われ、京の陰陽師に「天紋に滅ぼされる」と言われたことがある、と語った。

登場作品

風恋記

鎌倉時代。天紋を持つ秋葉融明と地紋を持つ露近の二人の少年は、武蔵野国秋葉の庄で出会い兄弟のように育つ。盗賊に連れ去られた露近は、秘めたオニの力で救われたが、その身を恥じ、相次ぐ天災を沈める生け贄として... 関連ページ:風恋記

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo