天 貴史

天 天和通りの快男児(漫画)の主人公。読みは「てんたかし」。

  • 天 貴史
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
天 天和通りの快男児(漫画)
正式名称
天 貴史
ふりがな
てんたかし

総合スレッド

天 貴史(天 天和通りの快男児)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

『天 天和通りの快男児』の主人公のひとり。麻雀打ちの博徒。初めのころはイカサマに頼って勝利したり素人に大敗したりと麻雀の実力があるようには見えなかった。だが次第に無類の勝負強さを見せるようになり、元裏社会トップの麻雀打ち赤木しげるに勝利するほどとなる。その後、麻雀によって東日本と西日本のヤクザ達の覇権を決める東西戦の東側のリーダーにまで上り詰めた。

東西戦では赤木しげるを始めとする猛者と共に西側の原田克美僧我三威らと戦い勝利を得る。通夜編ではアルツハイマーに侵された赤木の自殺を対話を通して止めようと説得する。

登場人物・キャラクター

ガンパイを得意とする老人。麻雀によって東日本と西日本のヤクザ達の覇権を決める東西戦の東側のリーダーである主人公天貴史に代表メンバーとして声をかけられ、一度は断ったものの博打打ちとしてのプライドから参加...

関連キーワード

『天 天和通りの快男児』の登場する麻雀によって東日本と西日本のヤクザ達の覇権を決める対決。予選リーグでは前半戦では卓の第四位の者が脱落する「ビケ殺し」、後半戦では半荘ごとにトップが抜けて最終的に残った...

登場作品

井川ひろゆきは、ある雀荘で天貴史と麻雀を打つ。ひろゆきは終始優勢に進めるも明らかにイカサマである天和・九蓮宝燈のダブル役満を天に和了され敗れる。しかしこれがきっかけとなり二人の親交が生まれ、次第に彼ら...