天野 外記

とりかえばや異聞(漫画)の登場人物。読みは「あまの げき」。

  • 天野 外記
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
とりかえばや異聞(漫画)
正式名称
天野 外記
ふりがな
あまの げき

総合スレッド

天野 外記(とりかえばや異聞)の総合スレッド
2016.01.25 12:37

概要

佐伯家の重臣。毛利・織田両軍にとりいり、一城の主を夢見る野心家。風吹を使い領主碧生暗殺を企てる。笹島が手に入れた宝剣から、碧生紫子の入れ替わりの事実を知り、紫子の美貌に惑い我が者にしようとするが、風吹に邪魔され毛利へ逃げ込んだ。

登場人物・キャラクター

佐伯家の跡取り。若くして家督を相続し、苦労を重ね家を守り、家臣に厚く信頼されている。見た目は線も細く物腰も柔らかで女のように美しいが、内面は意志が強く当主たる威厳を備えている。戦の際に胸に受けた傷が元...

関連キーワード

『とりかえばや異聞』で印象的に登場する言葉。北欧のバイキングを意味し、異形のオニの力を持つ風吹が遙遠い先祖に想いを馳せる際、海を渡る船のイメージとともに登場する。白い人の血をひく鬼。天野外記もその存在...

登場作品

養父母に男として育てられた紫子は、養父亡きあと養母を養うため遊女となった。初めての客風吹と出会い恋に落ちた二人だったが、紫子は生家である佐伯家へ秘密裏に連れ戻され、唯一の肉親である双子の兄碧生の療養中...