天野 星雅

はだしのゲン(漫画)の登場人物。読みは「あまの せいが」。

  • 天野 星雅
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
はだしのゲン(漫画)
正式名称
天野 星雅
ふりがな
あまの せいが

総合スレッド

天野 星雅(はだしのゲン)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

広島に住む洋画家。孫の天野達郎と一緒に暮らしていた。達郎が、大原夏江の骨壷を貴重品と思って盗んだことがきっかけで中岡元たちと知り合う。展覧会に出品するために絵を描き続けているが、生活が苦しく、絵の具が買えずに完成させられないでいた。生活のために絵の道を諦めかけるが、ゲンが看板屋の大月徹と諍いを起こしたことを仲裁するため、中尾工社の看板職人として働き始める。

それからはゲンに絵画の手ほどきをするようになり、ゲンにとっては絵の師匠的な存在となる。

登場人物・キャラクター

物語冒頭では、国民小学校二年生。広島に住む中岡家の三男。原爆投下の際にも広島市の中心部にいたが、偶然塀の影にいたため熱線を免れて生き残る。倒壊した自宅で父中岡大吉、姉中岡英子、弟中岡進次を失う。生き残...

登場作品

昭和20年の広島で、貧しくも楽しく暮らしていた中岡元の生活は、アメリカの落とした原子爆弾によって奪われる。父と姉、弟を原爆投下時に失ったゲンは、生き残った母、原爆投下直後に産まれた妹と戦後の社会を暮ら...