• 天顕祭 (漫画)
  • 作中用語・組織等
  • 天顕祭

天顕祭

天顕祭

天顕祭(漫画)に登場する用語。読みは「てんけんさい」。

登場作品
天顕祭(漫画)
正式名称
天顕祭
ふりがな
てんけんさい
関連商品
Amazon 楽天

概要

弥勒菩薩をモデルとして、「汚い戦争」の終結後に人々が作り出した仏である「天顕菩薩」を祀る祭り。毎年初夏に行われるほか、50年に一度の大祭では町から一人選ばれる「クシナダ姫」の行列がある。「てんけん」の語呂合わせから、職人たちが安全を祈願する祭りともなっている。

登場作品

天顕祭

「汚い戦争」により大気や土壌が汚染された日本。鳶職人の若頭・真中修二は、天顕祭を前にして、1年間現場を共にしてきた後輩の女鳶職人・大島咲の様子がおかしいことに気づく。やがて彼女に深く関わろうとするうち... 関連ページ:天顕祭

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

登場作品
logo