天馬 三郎

天馬 三郎

バイオレンスジャック 天馬編(漫画)の主人公。読みは「てんま さぶろう」。

登場作品
バイオレンスジャック 天馬編(漫画)
正式名称
天馬 三郎
ふりがな
てんま さぶろう
関連商品
Amazon 楽天

概要

筋骨たくましい15歳。小学生の時に、ならず者集団・地獄の風に対抗しようとした正義感溢れる少年。地獄の風を壊滅させたジャックに憧れ、無我夢中で体を鍛え上げ、ゲリラ軍のリーダーになった。鮮やかな手口で次々とドラゴンを襲撃しスラムキングの脅威となる。小学校時代の恩師・立花恵子先生が唯一の弱点で、ヤクザ・外道会の連中にさらわれた恵子先生を助けるため、単独で敵地に乗り込み窮地に陥る。

「地獄の風編」に登場した少年が成長した姿。

関連人物・キャラクター

バイオレンスジャック

関東地獄地震で無法地帯と化した関東に忽然と現れた身長2m20cmの巨人。刃渡り40cmの鉈のようなジャックナイフを武器とする。立花恵子を取り戻すために、単身外道会に殴り込んだ天馬三郎の危機を感じ取り、エネルギーを飛ばし、天馬に乗り移る。

登場作品

バイオレンスジャック 天馬編

巨大地震により、日本から分断され、無法地帯と化してしまった関東を舞台にした文明崩壊もの。忽然と現れた謎の巨人・バイオレンスジャックを軸に、地獄と化した関東で逞しく生き抜こうとする人々の姿を描く。週刊誌... 関連ページ:バイオレンスジャック 天馬編

SHARE
EC
Amazon

関連リンク

関連人物・キャラクター
集団・組織
logo