天馬博士

天馬博士

PLUTO(漫画)の登場人物。読みは「てんまはかせ」。天馬飛男とは親族関係にある。

登場作品
PLUTO(漫画)
正式名称
天馬博士
ふりがな
てんまはかせ
関連商品
Amazon 楽天

概要

お茶の水博士の前任の科学省長官で天才的な頭脳と技術を有する。一人息子の天馬飛男を交通事故で失い、彼の代わりとして超高性能ロボットアトムを作り出すが人間とロボットとの差を感じさせられ、彼を失敗作としてサーカスに売り飛ばす。その経験から、完璧なロボットを作るためには憎悪が必要だという持論に至る。

関連人物・キャラクター

天馬飛男

天馬博士の一人息子だが交通事故で死亡する。天馬博士は彼をモデルとして超高性能ロボットのアトムを作り出す。 関連ページ:天馬飛男

登場作品

PLUTO

極度に発達したロボットたちが人類と共存している近未来の欧州、ユーロ連邦の一角で世界最高水準ロボット7体のうちの1体モンブランがバラバラに壊れているのが発見される。同じ頃、ロボット法擁護団体の幹部である... 関連ページ:PLUTO

SHARE
EC
Amazon
logo