天馬星座の星矢

天馬星座の星矢

聖闘士星矢(漫画)の主人公。読みは「ぺがさすのせいや」。別称、ペガサス星矢。城戸 光政とは親族関係にある。

登場作品
聖闘士星矢(漫画)
正式名称
天馬星座の星矢
ふりがな
ぺがさすのせいや
別称
ペガサス星矢
関連商品
Amazon 楽天

概要

不屈の闘志を持つ少年。父はグラード財団総帥の城戸光政。ただし非嫡出子として産まれ、孤児として星の子学園で幼少期を過ごす。そして7歳より聖闘士発祥の地であるギリシアの聖域(サンクチュアリ)に送られ、鷲星座の魔鈴のもとで6年間修行。天馬星座の聖闘士の候補生・カシオスを倒した末、聖衣を授けられて聖闘士となった。

その後日本に帰国し、消息不明の姉・星華を探すために城戸沙織の主催する銀河戦争(ギャラクシアンウォーズ)に参加。その当時は幼い自分を捨て、苦しい修行の日々を強いた木戸家との確執により城戸沙織を憎んでいたが、やがて彼女がアテナの化身であることを知り、アテナを守護する聖闘士として覚醒していくと共に、城戸沙織との結びつきを強くしていく。

戦いにおいては俊敏性を誇り、毎秒百発以上の音速の拳を繰り出すペガサス流星拳が必殺技。なお、正式名称は「天馬星座の星矢」だが、作中の多くの場面で「ペガサス星矢」と呼称される。

関連人物・キャラクター

城戸 光政

グラード財団の先代総帥。ペガサス星矢たち、百人の聖闘士候補生全員の父親でもある。かつてギリシア旅行中に瀕死となった射手座のアイオロスから、当時まだ赤子だったアテナと射手座の聖衣を託され、アテナを孫娘の... 関連ページ:城戸 光政

城戸 沙織

本作のヒロイン。13歳にしてグラード財団の実質的な代表を務めるが、その正体は戦いの女神・アテナの化身。13年前に赤子の姿で地上に降臨した際に双子座のサガに命を狙われたところを射手座のアイオロスに救われ... 関連ページ:城戸 沙織

登場作品

聖闘士星矢

世界観ギリシャ神話をモチーフに、星座を象った聖衣(クロス)と呼ばれる鎧をまとった少年たちの戦いを描く物語。聖衣を再現したフィギュア玩具が記録的な売り上げを見せるなど、漫画のみにとどまらず、様々な媒体で... 関連ページ:聖闘士星矢

SHARE
EC
Amazon
logo