太上老君

封神演義(漫画)の登場人物。読みは「たいじょうろうくん」。別称、老子。

  • 太上老君
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
封神演義(漫画)
正式名称
太上老君
ふりがな
たいじょうろうくん
別称
老子

総合スレッド

太上老君(封神演義)の総合スレッド
2016.01.25 12:39

概要

元始天尊通天教主と並んで三大仙人と呼ばれるが、最も謎が多い。申公豹の師。羌族の小さな村で最初に発見されたとされるが、そのときからほぼ常に眠ったままの状態でいる。レム睡眠時には立体映像で交信が可能。スーパー宝貝・太極図を所持していたが、最終決戦前に訪ねてきた太公望に与えている。

外見は10代~20代の中性的な青年。

登場人物・キャラクター

妲己の客人として殷に身を置いてはいるが、「誰の味方でも敵でもない」という中立の立場を保ち、狂言回しのような役どころで崑崙山脈と金鰲列島、殷と周の戦いを見物する。雷を操るスーパー宝貝・雷光鞭を持ち、「最...

関連キーワード

『封神演義』に登場する用語。仙術や宝貝、霊獣と呼ばれる人語を解し乗り物として機能する生き物を使う者の総称で、肉体はほんの少しずつ年を取るものの不死である。基本的には崑崙山脈、金鰲列島といった仙人界に属...

登場作品

舞台は殷王朝時代の古代中国。仙女・妲己により心を惑わされ、悪政を続ける紂王により国は乱れていた。道士・太公望は、元始天尊により人間界に害をなす仙人たちを人間界から駆逐する計画・封神計画を遂行し、殷に替...