太田 幸司

太田 幸司

江川と西本(漫画)の登場人物。読みは「おおた こうじ」。

登場作品
江川と西本(漫画)
正式名称
太田 幸司
ふりがな
おおた こうじ
関連商品
Amazon 楽天

概要

青森県三沢高校投手。1969年の夏の甲子園大会決勝戦で愛媛県松山商業高校と対戦。延長18回の末「引き分け再試合」となり、翌日も9回全てを投げきった。惜しくも敗戦投手となったが、この試合をきっかけに太田幸司は全国的なスター選手となった。西本聖松山商業高校の一塁手として出場していた四兄西本正夫の応援のため甲子園球場でこの試合を観戦していた。

この試合に感動した西本聖松山商業高校に入学して甲子園大会出場を目指すことを誓った。太田幸司はこの後、阪急ブレーブスに入団した。実在の元プロ野球選手太田幸司をモデルとする。

登場作品

江川と西本

プロ野球球団読売ジャイアンツでエースの座を競い合った「怪物投手」・江川卓と「雑草投手」・西本聖。ふたりのライバル伝説をその幼少時から描いた実録野球漫画。 関連ページ:江川と西本

SHARE
EC
Amazon
logo