太郎丸

アシュラ(漫画)の登場人物。読みは「たろうまる」。アシュラとはライバル関係。次郎丸とは親族関係にある。

  • 太郎丸
  • 楽天
  • Amazon
登場作品
アシュラ(漫画)
正式名称
太郎丸
ふりがな
たろうまる

総合スレッド

太郎丸(アシュラ)の総合スレッド
2016.01.25 12:41

概要

山中で家族と暮らしていた少年。次郎丸の兄。日照りによる食糧不足とアシュラの襲撃により、彼以外の家族は全滅する。荒野を彷徨っている所を孫六に拾われ、後から捕らえられたアシュラと共に散所へ送られる。アシュラを憎むが、散所では仲間同士の過去を問わないとされているため、復讐を遮られることが多い。

登場人物・キャラクター

飢饉が続く世の中で、藤乃が産み落とした赤ん坊。飢えた藤乃に食われかけるが、生き延びた。善悪の概念がなく、生きるため他の人間を殺し、食うことを躊躇わない。前髪が垂れ、妖怪のような形相をしており、小柄だが...
山中で家族と暮らしていた少年で、太郎丸の弟。飢饉に見舞われた家庭内で、勝手にイモを食おうとして父親に叱られる。その後、一人でいる所をアシュラに殺害され、肉を食われた。その肉は両親、太郎丸も口にする。

関連キーワード

『アシュラ』の舞台のひとつ。貴族や大寺院所有の農地である荘園とは異なり、年貢を取り立てられることがない土地。だがそれは作物が育たない見捨てられた土地であるため。罪人などの荘園に住めない者や、拾われた孤...

登場作品

飢餓状態が続く時代、母親から火の中に投げられ、食われそうになった赤ん坊アシュラは、奇跡的に生き延び、獣同然の生き方をする。アシュラははぐれ者が集められる散所に捕えられ、徐々に人間としての生活を知る。言...