奥久尼

奥久尼

結界師(漫画)の登場人物。読みは「おくに」。

登場作品
結界師(漫画)
正式名称
奥久尼
ふりがな
おくに
関連商品
Amazon 楽天

概要

裏会最高幹部「十二人会」第九客。見た目は小さく、尼のような頭巾と着物をまとった人物。知識欲が旺盛で「謎食いの奥久尼」と呼ばれている。裏会奥書院の管理者で、過去の記録をいつでも呼び出すことができる。秩序を重んじる性格で、真実を求めるため、誰にも肩入れしない中立な立場を取っている。裏会の中では信用できる人物。

関連キーワード

裏会

『結界師』に登場する団体。異能者の異能者による異能者のための自治組織。地域ごとの異能者の取りまとめ、妖怪や霊の起こす闇の事件の取り扱いを行う。異能者本人に裏会への所属の意思がなくても、居住地域の裏会の... 関連ページ:裏会

登場作品

結界師

烏森の地は多くの妖怪や霊を引き寄せてしまうため、妖怪退治を家業とする結界師によって400年間維持・管理されていた。この土地に建つ私立烏森学園に通う中学2年の結界師の少年墨村良守は、毎晩学校での妖怪退治... 関連ページ:結界師

SHARE
EC
Amazon
logo