奥村 助右衛門

奥村 助右衛門

花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)の登場人物。

登場作品
花の慶次 ―雲のかなたに―(漫画)
正式名称
奥村 助右衛門
関連商品
Amazon 楽天

概要

日本の戦国時代の武将・奥村永福をモデルとしている。前田家に仕える猛将のひとり。前田慶次とは十数年来の付き合いで、茶の席を設け、茶を立てるだけで互いの腹の内を分かり合えるほどの間柄。北陸の将・佐々成政の急襲を受ける末森城を慶次とともに守った。

勇敢なだけではなく、討ち取った敵兵士の腹を裂いて胃袋の中身を見て敵の兵糧不足を知るなど、知謀にも優れた男である。慶次が前田家を出奔してからもその友情は続き、慶次豊臣秀吉と謁見する際にも顔を見に来るなど、何かと気にかけていた。

関連人物・キャラクター

前田利家

日本の戦国時代の武将・前田利家をモデルとしている。かつては織田家きっての猛将として知られていたが、老齢となり家を守るために図体だけ大きな小心者に成り下がった。前田慶次の人気に嫉妬し、いずれ自分の地位を... 関連ページ:前田利家

前田慶次

日本の戦国時代の武将・前田慶次郎をモデルとしている。加賀の大名、前田利家の甥で、身の丈六尺五寸(197cm)を超える大柄の武士。義に厚く、器の大きい自由気ままな風流人として生きる傾奇者にして、無類の戦... 関連ページ:前田慶次

登場作品

花の慶次 ―雲のかなたに―

時は戦国時代末期、加賀前田家の武将・前田慶次は、お家の鼻つまみ者として、当主の前田利家に疎まれながらも、稀代の傾奇者として好き勝手に、そして雅に振る舞い、人々の信任を得ていた。もはやその大器に加賀は狭... 関連ページ:花の慶次 ―雲のかなたに―

SHARE
EC
Amazon
logo